クスリ絵ロゴ

色と形、数字のパワー

  • 色のパワー
  • 形のパワー
  • 数字のパワー


  • 形の役割

    私はパワーがある形を求め、さまざまな分野の形に目を向けてきました。そしてパワーがある形の特徴のようなものを見出しました。

    パワーのある形1:ラセンや渦、回転の要素、集中と放射など動きのある形(メビウス)


    ラセンは美しさとともに力強さがある。見ているだけで引き込まれそうになってしまう。生命の螺旋は生命を表し風や水の渦巻きは自然の力のシンボルです。

    パワーのある形2:渦【太極と巴紋】


    人は渦巻きを生命や成長のシンボル、宇宙、また未来永劫の護符や呪術の印として用いました。
    渦巻きは易学の大宇宙の概念として扱われ、儒教のシンボルとしての太極(monade)とされました。同じ形の紋様を日本では巴紋とよび、生命のシンボルや水の渦を表す紋様として広く親しまれてきました。
    特に神社・氏神の紋として使われて、祭りの提灯模様として現在でも日本各地で見られ、日本の家紋の中にもあります。
    我々は自然の形から美しさの数理的な原理を引き出し、紋様や装飾に応用してきました。

    パワーのある形3:自然界にある形、流線形のプロポーション(黄金比などの比率)、マンダラ



    パワーのある形4:シンプルで無駄のない形、高次元や宇宙の形、数学的な理論が背景にある形

    神聖幾何学関連の形(カバラの生命の樹も含む)



    パワーのある形5:シンメトリック、安定性(バランス)の良い形、リズミカルな形(ペンローズのような)




    「フラワーオブライフ」と「カバラ」


  • フラワーオブライフ

  • カバラ(生命の樹)
  • 古代文明の石造に必ずと言っていいほど刻印されている図形があります。フラワーオブライフという図形です。この図形だけで2冊の本が出版され、ロングセラーになっています。

    フラワーオブライフは一言であらわすならば、この世界の形あるものの源というべきものです。また、すべての生命に含まれている創造のパターンとも考えられています。
    そのため、フラワーオブライフを基につくった図形の多くは、クスリ絵として十分な効果を示します。

    自分でも驚いたことにフラワーオブライフを基本にしたクスリ絵を100数種類も創り上げました。



    過去において、レオナルド・ダ・ヴィンチによって、神聖幾何学の意味が再発掘されました。彼は建築のみならず神聖幾何学が、音楽、アート、サイエンスすべての中に使われていたことを再発見したのです。



    日本神道の奥義とカバラ(生命の樹)


  • カバラ(生命の樹)
  • 四つに連なったカバラの「生命の樹」は、人間に至る、動物、植物、鉱物が一体となったいのちの系譜(=「生命の樹」)を表していました。カバラの叡智をシンボライズした「生命の樹」と、日本の神道の奥義がぴったりと重ね合わさることを読み解いてくれたT氏の話は衝撃的で納得できるものでした。竹内文献にも日本神話にも描写されている「神々の系図」自体が右脳的に解釈すると「生命の樹」になっています。
    T氏の言うように神々の話である神話の世界から、今ここの三次元にいる私達にまでずっと連なっているという系図です。我々がこうして生きて存在していること自体が「生命の樹」のあかしであると言っても過言ではありません。
    神道にいう森羅万象に宿る神はひとつではなく八百万の神々。全てが繋がっているから元はひとつ。その神道の考え方そのものが「生命の樹」でもあるのです。

    様々な分野のパワーのある図形を基に、すべてのクスリ絵は下図のとおり、一つ一つの色と形のエネルギーバランスを調整しながら創り上げていきました。



    数字の役割

    生命エネルギーを活性化させる数字をならべたものは、一つのクスリ絵となります。
    人体は数学でできていると考えられます。例えばDNAの螺旋は黄金比によって規定されています。

  • 五芒星…DNAや高次元に作用する

  • 六芒星…DNAに作用する。高次元のエネルギーを三次元に誘導し、定着させる。


  • 生命エネルギーを活性化させる数字

  • 黄金比…1:1.618

  • フィボナッチ数列…1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89…
    世界は全て、「フィボナッチ数列」で出来ています。宇宙も、ひまわりも、DNAも、台風も。

  • 素数…2,3,5,7,11,13,17,19…
    「素数は神である」と中世の数学者は言っており、それが神であるならば、素数を用いたデザインは神であると考えられます。

  • 円周率π…π = 3.14159…
    円は宇宙そのものの表れである

  • 自然対数e…e=2.71828182845…

  • 数秘術…西洋占星術や易学等と並ぶ占術の一つで、ピタゴラス式やカバラ等が有名です。
    生年月日などから、固有の計算式に基づいて運勢傾向や先天的な宿命を占う方法。


  • その他パワーを持つもの

    パワーを持つもの1:文字

    カタカムナ文字、神代文字、ルーン文字やギリシャ文字、ヘブライ文字や神代文字の中にもパワーがあるものがあります。パワーをもつ文字に関して、最近私が発見したパワーがある文字はΩとΦ(黄金比、黄金分割を表す)を組み合わせたオメファという創作文字です。

    この文字はインスピレーションを通じて突然わたしの元にやってきました。調べてみるとΩは角速度であり、Φは黄金比、黄金ラセンを表します。
    オメファは黄金ラセンの任意の点と黄金ラセンの中心を結ぶ角速度を表すと考えました。これを人体に作用させる(具体的には背中に貼る)と、6~7割の高い確率で様々な不快症状、不調が瞬く間に解消しました。

  • ※パワーを持つ文字として「カタカムナ文字」を例に上げましたが、次の章でより深く説明しています。
    詳しくは「カタカムナとクスリ絵」をご覧ください。
  • パワーを持つもの2:易経

    この書物に書かれている言葉は、現代に生きる私たち一人一人の人生にも新しい智恵の光を投げかけてくれます。
    「君子占わず」、易経は変化の書です。時の変化の法則ー原理原則を知れば、占わなくとも出処進退が判断できると書かれています。

    易経には 六十四種類の卦というものがあり、一つの卦(か)が『ある時のテーマ』と『変遷過程』を【六段階】で示しています。
    易経では「陰」「陽」の2つの性質が異なるシンボルの組み合わせで、万物を表現しています。
    易経の根底にある考えは、この世界にあるものは、すべて特定のシンボルと一体化しているという考え方です。例えば十字架はイエス・キリストそのものであり一体化しています。だから人々は十字架に祈る。十字架に祈ること=イエス・キリストに祈りを捧げることになるからです。
    易経や十字架以外のシンボルにも、これらと同じように実際にあるものとそれがシンボル化されたものが非常に強く結びついているものがあります。

    DNAと易経もその一つです。
    易経の64卦の図をもとに、様々なシンボルを作ることができます。下の図は、64卦とフラワーオブライフを組み合わせてできたシンボルです。


    易のパターンとDNAのコドン配列パターン…64、「らせん」「相補性」「対称性」「トリプレット(三つ組)」
    易経とDNAの共通点を元に創り出したクスリ絵の一つが「64×64 トリプレットコード(光)」です。

    パワーを持つもの3:言葉

    絵以外にもパワーがあるものがあります。
    最近では「ありがとう」や「あいしている」といった言葉には生命に働きかける力があるといわれています。

    般若心経を形に・・・
    一時期、般若心経の解読に熱中したことがあります。
    特に色不異空、空不意識、色即是空、空即是色の4文節に強く惹かれました。 そして、この句を図形にしようと思いました。しかし、どうしたらいいのかさっぱり分かりません。
    考えあぐねていましたが、しばらくして、光を使って表現すればいいことに気づきました。 なぜ光を使うのかというと、空はそれ自体は色のついていないもの、光もそれ自体は色のついていないものという共通点があったためです。光から般若心経の図形を9個作り3×3の魔法陣の形に配列したのがクスリ絵「般若心経曼陀羅」です。
    さらに9種の絵には般若心経の梵字をあてました。


    最初のクスリ絵「般若心経曼陀羅」

    さらに「梵字」をあてたパターン

    この図形からは、まばゆいばかりの光が出ていると感じる人がいらっしゃいますが、私もまさにその通りだと思います。
    簡単な症状なら、これを背中に貼るだけで改善する場合も少なくありません。

    般若心経をクスリ絵にした理由・・・
    般若心経を絵にしたのには訳があります。
    一つは空海さんは曼陀羅や般若心経と自分の意識を使って人の治療にあたっていたからです。
    般若心経は、写経するだけでも、読むだけでも何らかの効果があります。それを現代風に絵にしても効果があるのではないかと考えたからです。

    3×3の魔法陣にする理由
    3×3魔方陣のように1~9の般若曼陀羅を配列すると、ランダムに配列するよりも効果があったので、3×3の魔法陣に各図柄を配置しました。
    7つのチャクラ(立体構造的に進む場合は「13」のチャクラ)にも対応しているので、迷路を通り抜けるうちにチャクラが浄化されてゆく。順路をたどることは、神聖幾何学の法則にのっとって設計されたピラミッドや、ルネッサンス時代の建造物、螺旋を奏でるバロック音楽の旋律と同じく、狂った音程を調和の取れた元の状態に戻す作用があります。


  • 色のパワー
  • 形のパワー
  • 数字のパワー

  • 丸山修寛

    東洋医学と西洋医学に加え、電磁波除去療法、波動や音叉療法に取り組む。その確かな治療法には定評があり、独特の治療法は多くの健康雑誌に取り上げられている。