クスリ絵ロゴ

クスリエ開発

色による治療

私はクスリエを20年前から創り始めました。
クスリエに目をつけたきっかけは、恩師の一人で、末期癌治療の第一人者である横内正典先生から色による治療を教えていただいたことです。
色には、色だけで癌まで治す力があります

クスリ絵のはじまり

はじめて創ったクスリ絵は、単純な十字架と密教の梵字を組み合わせたものです。これは、10人に2人くらいしか効果を示しませんでした。 しかも、軽い症状や病気に対してしか効きませんでした。


  • クスリ絵を診療に加えると、「変な治療をされた」となかなか理解を得られずに、 患者さんが怒って逃げ出すようなエピソードもありました。
  • しかし、あきらめずに研究したところ、天体からの星のエネルギーを出す図形を開発することに成功しました。それが「フラワーシャーベット」です。


  • フラワーシャーベット
  • 病気や不調だけでなく、運気が上がった、家族仲がよくなった…など沢山のエピソードが寄せられ、一冊のムック本になった程、好評を得ることができました。

  • ※フラワーシャーベットの体験談に関しては「クスリエの症例」をご覧ください。
  • クスリ絵は当時患者さんに安心を与えたいという思いから「あんど(安堵)」や「ヒーリングアート(癒しの絵)」などと呼んでいましたが“薬に代わるもの”として創ったため、『クスリ絵』というネーミングにすることにしました。
  • 丸山修寛

    東洋医学と西洋医学に加え、電磁波除去療法、波動や音叉療法に取り組む。その確かな治療法には定評があり、独特の治療法は多くの健康雑誌に取り上げられている。